当日のタイムスケジュール

出演アーティスト

ジョンB & ザ・ドーナッツ!

ほんと、かわいいしな。
ほら、ねこの気配があると、なんかいいじゃないですか。

ウルフルズのベーシスト、ジョンBによるプロジェクト「ジョンB & ザ・ドーナッツ!」。 「ジョンB」として表現したかったスペシャルな空間がここにある!
飄々としたこれまでのイメージを覆すかのように溢れ出るロマンティックかつスタイリッシュな"ジョンB"ワールド。
甘く切なく、そしてどこか懐かしい世界観に同じ志を感じ、ジョンBのもとに集まる仲間たちこそが、"ザ・ドーナッツ!"
2011年4月にオリジナル・フルアルバム「DONUTS!」、2014年7月2ndアルバム「Nya-!」を発売!

GAKU-MC(ガクエムシー)

僕らにかけがえのない優しい気持ちと時間を与えてくれる動物達。モラルある社会の一員として、皆さんとともにこの問題に向き合って行きたいと思います。

アコースティックギターを弾きながらラップする日本ヒップホップ界のリビングレジェンド。2011年にレーベル Rap+Entertainmetを立ち上げ、“ラップで世界をプラスの方向に!”を合い言葉に精力的に活動中。
2012年、キャンドルと音楽で心を繋ぐ音楽イベント“アカリトライブ”を立ち上げ、音楽による日本復興活動を続けている。また同年、世界二大共通言語、音楽とフットボール。それらを融合し、人と人を繋ぐ場所として【MIFA (Music Interact Football for All)】を立ち上げる。
2013年、自身の音楽活動と平行し僚友 桜井和寿(Mr.Children)とウカスカジー結成。2014年 日本サッカー協会公認 日本代表応援ソング制作。ウカスカジー / アルバムAMIGO (2014年6月11日発売)。
ソロワーク15年分をパッケージしたベストアルバム 。GAKU-MC / THE BEST ”GRADATION” (2014年4月23日発売)。エッセイ “世界が今夜終わるなら”。

蜜(みつ)

いつも猫がいる家で育ったもんで、今回のイベントに参加できるのは嬉しい。個人的にも、桜ネコの事を知るきっかけにしたいです。
橋詰 遼(蜜)

唯一無二の声をもつ木村ウニ♀と橋詰遼♂。二人の出遇いが生んだ奇跡の唄合戦ユニット「蜜」。時にロックで、時にポップ。キャッチーでありマニアック。ひねくれながらも洗練されたポップミュージックを生み出している。よいメロディーと気持ちよいハーモニーを武器に勢力的にライブを展開中。
今までに3枚のオリジナルアルバム「eAt me !」「HeとSheでShow」「キス アンド クライ」、カヴァーアルバム「蜜狩り」をリリース。

NA-O (ナーオ)

年々減ってはきている殺処分。 それでもまだまだ多くの動物達が被害にあっています。
自分の事だけしか考えず、そのために命が犠牲になるのは決して“当たり前の事”ではありません。 人、動物、生き物全て、みんなが幸せになるのが“当たり前の事”となるように命を大切に守っていきたいと思います。
そしていま、自分が出来ることをしていきたいと思います。

圧倒的な声量と女性のような優しくキレイな一面を併せ持つその歌声はまさに『ドラマティックボイス』。美メロにこだわり生み出した曲たちは、時にアコースティック、時にEDMへと変貌を遂げる。
関西を拠点にセルフプロデュースで活動し、2014年10月フルアルバム『17 MEMORY』をリリース。2015年2月にはミニアルバム『翼』をリリース。

PADMA(パドマ)

我々Performance Team PADMAのパフォーマンスを通し、殺処分の現状を知ってもらい、殺処分zeroにするため今後も活動していきます。

舞台で活躍中の知幸と、シルクドゥソレイユ、マッスルミュージカルで大活躍したマウンテンバイク世界チャンピオン有薗啓剛を中心に、各界凄腕パフォーマーが集結。隊員犬でもあるチワワのラテ(LATTE)率いる、最強イケメン・パフォーマンスチームです。

大門弥生(Yayoi Daimon)

いつも私達に暖かい気持ちをくれる、かけがえない小さい命。今回は"ネコ市ネコ座"に参加させてもらえて、とても嬉しく思います。ネコを愛する皆様の暖かい心をもっと暖かく出来るよう精一杯歌います。

シンガーソングライターとしてメインに活動。ブラックミュージックに強く影響を受け、得意のダンスを武器に作詞作曲、トラックメイク、振り付けなど全てを手がけセルフプロデュースし活動中。
大阪では次世代を担う若手アーティストを集結させた主催イベント”OSAKA REVORHYTHM”を開催。合計1000人弱を集客。
DJとしては、台湾、沖縄、東京、大阪など、国内外を特色のある選曲とMC、自身の楽曲を武器に各地をロックする。
本年度は今まで培ってきたものを背負いいよいよアルバムリリースに向け始動。マルチな才能を活かした今後の活躍に期待が高まる。

村田雅美(Masami Murata)

私は過去に猫を飼っていました。大好きな猫の殺処分は避けて通りたい道です。野良猫が人間に被害を及ぼしたりすることもあるかと思いますが、保護に協力するなど、人間が動くことで猫のためにも人間のためにも繋がります。
殺処分が無くなるように私もできることから実行していこうと思います。

地元泉州のフリーマガジン「泉州美人」のモデルをしながら関西を中心にシンガーソングライターとして活動中。
2014年より活動範囲を拡大!2015年には全国リリースを控え、今後の動きに目が離せない要注目の女性シンガーソングライター。

MILKBAR(ミルクバー)

猫は憎い。あの声と目見られたら全て許してしまう。
猫になりたい。

2008年京都にて結成。異例の難波ハッチ出演、そして数々のライブサーキットで入場規制。ドイツのハンブルグ映画祭で上映されたショートムービー『MILK』のエンディング曲に起用されるなど、各方面から高い評価を受ける話題の絶えないバンド『MILKBAR』
満を持して発売した初の全国流通作品は各地方で即日完売を連続し、地元京都のインストアライブでは過去最もライブによりCDが売れたと噂されている。
毒気のある優しい声で唯一の歌声と称されるVo/Gtの北小路直也、Dr:梶谷遼平、Ba/cho:寺田達司を中心に形にこだわらない活動を展開。彼等の奏でる音楽は今後のシーンの中で重要なポジションになると今最も注目されているバンドである。
結成7周年を迎え、自主レーベル「HOT MILK RECORD」を立ち上げ初のフルアルバム「Detritus」を2015年2月18日に全国リリース。

LifeUnder(eN)(ライフ アンダー エン)

飼えなくなったから捨てる。その捨てられた猫の現実を知る。
このイベントをきっかけに「さくら猫」について、「猫の殺処分」について、その現実を知るきっかけになる人が1人でも多く増えることを願って。
今まで過ごしてきた大切な家族を自分の手で殺してしまう。そんな悲しい現実が、この世から無くなりますように。

「Music and Performance」で空間をアートにデサインするエンターテイメント集団。
日本を代表するフットバッグフリースタイラーのcharhan(ちゃーはん)とTV番組ハモネプのボイパリーグに出演の経歴を持つボイスパーカッションのSIMA(しま)によるライブパフォーマンス。

HAL from OUTSET

人間も猫も同じ様に感情も有り勿論命の重みは一緒だと思います。同じ"動物"同士です。そして、命の重みや思いやり、それがしっかり解り行動にすぐ移れるのが人間だと思います。もう一度見直し、今の現状が変わる事を願います。今回のイベントに参加出来た事を嬉しく思います。みんなの思いがどうか届きます様に。

関西ダンスシーンの第一線に君臨するNo.1 FemaleTeam "OUTSET"のメンバー。

ソウダバレエスクールによる「猫バレエ」

演目:眠れる森の美女act3より白猫と長靴をはいた猫
振付:高見 佳
出演:るい(白猫)、ニキータ(長靴をはいた猫)
衣装:FLORA

ソウダバレエスクールは、1974年に3歳から高校生を対象にクラシックバレエを教える教室として大阪に設立されました。スイス・ローザンヌ国際バレエコンクールやYAGP国際コンクールなどをはじめ、国内外のバレエコンクールで多くの受賞者を輩出するとともに、卒業生は海外・国内のバレエ団で活躍しています。

当日のタイムスケジュール

一般社団法人アンド・ペッツによる「HAPPY MUSIC FESTA」は、動物好きのアーティストが集結する、ペットのためのチャリティフェスです。